水星人の性格や恋愛、結婚観 【細木かおりの六星占術 Ver】

細木数子さんの六星占術を承継した細木かおりさん。

細木かおりさんが定義する水星人とは一体どのよう人なのでしょうか?

この記事では、水星人の

  • 性格
  • 恋愛、結婚

について一緒に見ていきたいと思います。

水星人の性格

父親との縁が薄い“初代運”の持ち主

水星人は目上の人、とくに父親との縁が薄いのが特徴です。

そのため、家業を継ごうとしない、早いうちに実家を出るなど、自立心が旺盛です。

何事も自分からはじまる“初代運”の持ち主ならではといえるでしょう。

もし、いつまでたっても親の援助を受けているようなら本領が発揮できず、不本意な人生を送ることになりかねません。

水星人の持ち味が最高に生かせるのは、自分で会社や店を立ち上げたときでしょう。

とくに、規模がそれほど大きくないうちは、隅々まで目が行き届くこともあって、思いどおりに事を進められます。

サラリーマンの場合、上司の指示にしたがわなければならない若手時代はなかなか実力が出せず、低い評価に甘んじることも。

それに不満を抱き、遊びや副業にエネルギーを注いだり、会社を途中で辞めてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、そうした時期を乗り越えると、伸び伸びと働けるようになります。

支店長、支社長といった、自分で決断や決裁ができる立場になると、驚くほどの業績を残す可能性も。

そのため、“晩年運”に大きく期待できるのが水星人の特徴です。

目上の人からの援助をあてにしないどころか、ときにはみずから断ち切るのですから、自力で運命を切り開こうとするパワーは誰にも負けません。

頭の回転も速く、集中力もあるので、マイペースを守れば、実力をフルに発揮しそう。

また、親や年長者との関係が薄いため、逆に子どもや目下の人に対しては強い期待を抱く傾向があります。

知らず知らずのうちに相手を型にはめようとすることも。

それでも、人当たりがいいので、信頼を損ねたりすることはありません。

自立心、独立心が旺盛なので、何事も人に頼らず、自分で処理していこうとします。

その源泉が観察力と分析力。

鋭い直感力も駆使しながら臨機応変に対応するのは得意中の得意です。

“世渡り上手”という評価はそのあたりからくるのでしょう。

大きな障害にぶつかってもあきらめないのも、水星人の特徴です。

目標達成に向け、最後まで頑張り抜く粘り強さは、ほかのどの星人にも負けません。

男女とも第一印象はクールですが、優しい一面も。

しかし、誰になんと言われても考えを変えない頑固さや、驚くほどの大胆さも内に秘めています。

水星人の恋愛、結婚観

ゲーム感覚で恋愛を楽しむ無類のセックス好き

クールなイメージに加え、華やかな面も併せ持っている水星人は、異性にとってかなり気になる存在。

デートに誘えば“百発百中”、断られたことがないという人もいるのでは。

まったく意識していなかった相手から、積極的にアプローチされた経験のある人も少なくないでしょう。

バイタリティーに富んでいるだけに、ほかの星人が足もとにも及ばないくらいセックス好き。

男性はスタミナ抜群で、一度ではけっして終わりません。

女性も、ひとたびベッドに入ると、満足し尽くすまで相手を求め続けます。

年上相手だとナーバスになる水星人ですから、恋愛をするなら、年下のほうが向いていそう。

ときには親子ほど、あるいはそれ以上に年の離れた人とつきあって、周りを驚かせるかもしれません。

ただ、水星人にとってセックスはゲームのようなもの。

そのときは激しく燃え上がっても、終わってしまえば何事もなかったかのような態度に逆戻り。

関係を持った相手と結婚しなくてはなどと考えたりはしません。

一度や二度と、関係を持ったからといって恋人気取りでいると、冷たくあしらわれてしまうかもしれません。

水星人とつきあう場合、はじめから結婚を前提にするのではなく、まずは遊び友だちか、セックスフレンドとして接するのが賢明。

相手の気持ちが結婚に傾いてきたと感じたら、話を進めてください。

恋人に対しても、愛情より損得勘定を優先しがち。

誰かが強烈にアプローチしてきても、簡単には受け入れないでしょう。

それが、“温かみに欠ける人”という印象を相手に与えてしまうので、割り切った関係にとどまってしまうこと。

原因は多くの場合、家庭的な愛情に恵まれない環境で育ったことにあります。

心の奥では温かい家庭に憧れを抱いているのに、そういう自分の姿がなかなか思い描けないのでしょう。

水星人が幸せな家庭を築くには、地運(相性)のいい相手と、自分はもちろん相手の運気もいいときに結婚することです。

お互いの家族や友人、親戚などにもきちんと挨拶するのを忘れずに。

何かあったときに、声をかけたり支えたりしてもらえるでしょう。

関連記事

・水星人プラス2020年の運勢

・水星人プラス2020年1月、2月の月運、日運について

・水星人プラス2020年3月、4月の月運、日運について

・水星人プラス2020年5月、6月の月運、日運について

・水星人プラス2020年7月、8月の月運、日運について

・水星人マイナス2020年の運勢

・水星人マイナス2020年1月、2月の月運、日運について

・水星人マイナス2020年3月、4月の月運、日運について

・水星人マイナス2020年5月、6月の月運、日運について

・水星人マイナス2020年7月、8月の月運、日運について

・水星人の性格や恋愛、結婚について

・水星人の人間関係や才能について

・水星人の芸能人や有名人について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です