土星人の人間関係や才能をチェック!【細木かおり Ver.】

六星占術を受け継いだ細木かおりさん。

この記事では土星人の人間関係や才能についてご紹介します!

あなたがどんな星の元に生まれたのかみていきましょう。

土星人の人間関係や家庭について

言葉足らずで孤立する恐れも

公私ともに正義感や潔癖さを押し通そうとする土星人。

相手が待ち合わせの日時や場所を間違えたりしようものなら、先輩だろうが親友だろうが、「何をしていたのか」「なぜ、連絡をくれないのか」などと、問いただしてしまうことも。

あなた自身も、そうした言動が波風を立たせることを自覚しているはず。

油断すると、占命盤の中心から見下ろす“中天の星”にいる自分が顔を出してしまいます。

ほかの人も自分と同じようにすべてがわかっていると思い込み、言葉足らずが目立つのも土星人の特徴。

職場や学校で、気がつかないうちに孤立している恐れも。

周囲との和を保つために必要なのは、「世の中にはいろいろな人がいる。そのおかげで自分も生きている」という当たり前の事実に目を向け、感謝の気持ちを忘れないことです。

家の外では人とのつきあいが苦手な土星人ですが、結婚すると100パーセント家庭人になりきります。

男女を問わず、家庭を「守るべき城」と考え、何よりも優先しようとするので、家族は安心していられるでしょう。

女性なら夫を立てて、居心地のいい家庭を保つための努力を惜しみません。

出産後も良妻賢母でいられそう。

ただ、育児や家事でうまくいかないことが続くと、「悪いのは夫」という考えに支配され、夫婦ゲンカを起こしがちに。

生来の頑固さが顔を出すのはそんなときです。

また、家のことで手いっぱいでも、仕事に戻りたくなることもありそう。

そのジレンマで、自分の思いとは裏腹な言動が目立つようになり、別居や離婚の危機に発展するケースも少なくありません。

既婚男性の場合、妻が自分の価値観と合わない言動をすると責めたり、子どもにも自分の考えを押しつけたりしがち。

根が真面目で浮気や不倫ともほとんど縁がないわりに離婚が多いのも、土星人の特徴のひとつです。

女性は、結婚したら生活がひと段落するまで仕事に就かないのがいちばん。

男性は家事や子育てに積極的に参加してください。

慣れないうちは、予想以上に手間ひまがかかることに悩まされるかもしれませんが、子どもの喜ぶ顔を見ればストレスも感じなくなるはずです。

土星人の才能、進路、適正について

「ひとりでやれる仕事」で才能を発揮する

土星人は創造力に恵まれています。

新しいアイデアが求められる世界で、持って生まれた才能を発揮し、人に教えたり指導したりする地位に就くことも少なくないでしょう。

ただし、人とのつきあいが苦手なため、チームで組んでやる仕事よりも、自分のペースで進めていける環境のほうが向いていそうです。

上司から理不尽な理由で叱られたり、直接関係のない仕事を押しつけられたりすると、持ち前の正義感から衝突することも。

プライドが高いので、チームの一員として仕事をしていても、そのうち自分が中心でなければ気が済まなくなるはず。

それが言動に出てくると、チームワークを乱しかねません。

同僚や後輩とのコミュニケーションが面倒と感じたり、上司から理解されないことに不満を抱きはじめたりしたときは、黄信号だと思ってください。

いったん乱れたチームの和を修復するのは難しいもの。

持ち前の才能を生かすには、頑固さや我がままを抑えるように“自分と闘う”こと。

信仰心を培うなど、精神的な修業を積む必要もあるでしょう。

ただ、それにはある程度の時間がかかりそう。

それよりもいっそのこと、最初から「ひとりでやれる仕事」を探すほうが賢明でしょう。

企業の研究開発部門、ファッションやグラフィックなどのデザイナー、SE(システムエンジニア)、学者、作家、建築家、カメラマンなど、黙々と目標にアプローチする職業が向いています。

勘が鋭く、一発勝負に強いところもあるので、イベントや広告の企画にたずさわるのもよさそう。

昼も夜も仕事、まとまった休みなどとてもとれない業界ともいわれますが、何事も完璧に仕上げることに大きな満足感を得るのが土星人。

どんなに忙しくてもひたすらゴールをめざすに違いありません。

また、スタイリスト、ヘアデザイナー、ブティック経営など“美”に関わる職業で、独創性や先見性が求められる分野も似合っています。

そのほか陶芸家、通訳・翻訳業、プログラマーといった、地味でもマイペースで働ける専門的な仕事に就くと、素晴らしい成果を出すのも夢ではないでしょう。

引き受けたことは自分を犠牲にしても完成させようとする、土星人の本領を発揮できるはずです。

関連記事

・土星人プラス2020年の運勢

・土星人プラス2020年1月、2月の月運、日運について

・土星人プラス2020年3月、4月の月運、日運について

・土星人プラス2020年5月、6月の月運、日運について

・土星人プラス2020年7月、8月の月運、日運について

・土星人マイナス2020年の運勢

・土星人マイナス2020年1月、2月の月運、日運について

・土星人マイナス2020年3月、4月の月運、日運について

・土星人マイナス2020年5月、6月の月運、日運について

・土星人マイナス2020年7月、8月の月運、日運について

・土星人の性格や恋愛、結婚について

・土星人の人間関係や才能について

・土星人の芸能人や有名人について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です