六星占術2020年火星人マイナスの運勢(細木かおり)

2020年から細木数子さんの六星占術を承継した細木かおりさん。

火星人マイナスの運勢はどうなっているのでしょうか?

  • 全体運
  • 恋愛・結婚運
  • 家庭や人間関係
  • 金運
  • 仕事・勉強運
  • 健康運

など様々な内容についてご紹介していきますのでぜひ参考になさってくださいね。

六星占術2020年 火星人マイナスの運勢・全体運(細木かおり)

火星人マイナスの人は、“小殺界”の<健弱>。

ふだんと同じようにすごしているのに、疲れがとれない、テンションが上がらないといった日が多くなりそうです。

集中力もダウンし、仕事や勉強にも影響が。

もともと気ままな自由人と思われているので、口数が減ったりドタキャンが続いたりしても、あなたの不調に気がつく人はほとんどいません。

長引くと、“自分勝手な人”というイメージが定着し、職場や学校で孤立してしまう恐れが。

弱音を吐ける場所をつくっておく必要がありそうです。

ちょっと無理をしただけなのに風邪をひいて熱が出たり、なんの自覚症状もなく突然病気になったりするケースも。

安易な自己診断は危険です。

心配してくれる人の言葉を素直に受け入れ、おかしいと感じたら病院へ行きましょう。

事故やケガも心配です。

遠出の際は事前に情報を集め、無理のない計画を。

激しいスポーツも避けたほうが無難です。

とくに月運が“大殺界”に入る6~8月は、湿気や暑さで体力を消耗しがちに。

ふだんから十分な栄養をとるよう心がけてください。

六星占術2020年 火星人マイナスの恋愛・結婚運(細木かおり)

火星人マイナスの人は、異性の前ではおとなしくしていたほうがよさそうです。

もともとセクシーでモテ要素満載のあなたですが、今年は不快な思いをさせられる人が近づいてきます。

誘惑には乗らないこと。

気になる人にアピールしても失敗ばかり。

一生懸命になるほど、空回りしてしまいそう。

個性的なファッションや目立つ行動は控えましょう。

本命の相手でも、あなたのことを“都合のいい異性”として扱うようになる恐れが。

黙って受け入れるだけのつきあいには、そろそろピリオドを打つべきでは。

長く続いている恋人とも気持ちがすれ違い、“殺界”の月には感情が爆発してしまう恐れがあります。

腹の立つことを言われても、面と向かってけなしたり、はねつけたりするような態度は禁物。

引くに引けなくなってしまうかもしれません。

そろそろ結婚を考えている人は、年内は自分磨きに専念を。

本格的に動くのは年が明けてからにして。

婚約中なら、入籍は来年にしたほうが無難。

ひとりで決めず、相手にリードしてもらいながら予定を組むといいでしょう。

六星占術2020年 火星人マイナスの家庭・人間関係運

心身ともに冴えない火星人マイナスの人は、自分の殻に閉じこもりがち。

かもし出す暗いオーラは、家族さえ遠ざけてしまうかもしれません。

風変わりといわれるあなたのよき理解者だった親やきょうだいと意見が食い違い、距離を置かれるように。

舅や姑とのやりとりもおっくうになる心配が。

無理につきあうより、上手に理由をつけて顔を合わせないようにしたほうがよさそうです。

もともと子どもとの関係がよくなかった人は、対立すると深い溝ができてしまう可能性あり。

決定的なトラブルを避けるためにも、思ったことをすべて口に出すのはNG。

体を気遣ってくれる子どもたちに甘えすぎると、あきれられてしまう結果に。

ひとりでできることは、人の手を借りずに済むよう工夫してください。

仲のいい夫婦の間にも亀裂が入るかもしれません。

家の中の空気が重く感じられ、仕事や外でのつきあいが増えそう。

二人でゆっくり向き合うひとときを持つよう心がけないと、大変な人の話を上の空で聞いたり、約束を忘れてすっぽかしたりする恐れが。

地域やPTAの役員を引き受けるのは、来年以降にしたほうがいいでしょう。

六星占術2020年 火星人マイナスの金運(細木かおり)

火星人マイナスの人は、入金予定がずれ込んだり、入ってくる金額が少なかったりして悩みそうです。

怒ってトラブルを起こしてしまうと、かえって支出が増えてしまうかもしれません。

憧れているブランド物や高級品など、ほしいものが頭から離れないことも。

「カード払いなら大丈夫」などとイージーに考えるのはやめましょう。

冷静さをなくし、コピー品やまがい物をつかまされる恐れもあります。

小遣い稼ぎのつもりで、ギャンブルに手を出すのはNG。

負けた分を取り戻そうと、逆にお金をつぎ込んでしまう危険が。

勘が鈍っている今年は、大当りなどは見込めません。

寄り道をして無駄な買い物をしないよう、通勤・通学のコースを工夫してください。

月運が“大殺界”に入る夏のアルバイトやサイドビジネスは控えたほうがよさそう。

疲れがいつまでも残り、本業を休んで周囲に迷惑をかけるようだと本末転倒。

信用をなくしてしまっては、元も子もありません。

お金が入ったら、近い将来必要になりそうな額を別にキープしておきましょう。

手持ちの分が全財産と考えれば、自然と節約できるはずです。

六星占術2020年 火星人マイナスの仕事・勉強運 (細木かおり)

火星人マイナスの人は、気力も体力も落ち込みぎみ。

これまでどおり頑張ろうとしても、なかなか思うようにいかずイライラしそう。

でも、無理は禁物。

健康を過信して動くと、ケガをしたり大病につながったりしかねません。

仕事で同じミスを繰り返すのも今年の特徴。

同僚のアドバイスやサポートを無視し、あきれられてしまうかも。

勝手な思い込みで進めても、いい結果は出ません。

上司の評価も一気にダウンし、ストレスがたまりそうです。

成績も、アクシデントの処理に時間をとられ急降下。

焦って徹夜で取り組んでもなかなか進まないばかりか、体調を崩す恐れがあります。

ひとつのことにのめり込むと周りが見えなくなる火星人ですが、今年は空気を読むことが大事。

周りの声に耳を傾け、フォローしてくれる仲間や先輩に感謝の思いで接するようにしてください。

長時間の残業や徹夜の勉強は、かえって逆効果。

予定が多少遅れても、休養をとることを優先しましょう。

「体が資本」と割り切って、大きなステップアップを望むより“現状維持でOK”の気持ちでいてください。

六星占術2020年 火星人マイナスの健康運(細木かおり)

火星人マイナスの人は、不満やストレスがたまりがち。

気持ちが安定せず、体調にも影響が出てくるかもしれません。

とりあえずは市販の薬で乗り切っても、無理をすると大病につながる恐れが。

また、ぼんやりしていてケガをするなどということもありそうです。

この一年はけっして無理をせず、休養をとるよう心がけましょう。

持病がある人は、定期検査を欠かさないこと。

診断に納得がいかない場合は、しかたないとあきらめずセカンドオピニオンを受けてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です